2009年06月23日

1-1教室:ライブレビュー

IMG_6987.JPG(工藤)

玉城光
玉城光(工藤)

廃校フェス初参戦の初ライブ 1−1 玉城光。あいにくの雨にも関わらず、教室に入るとホワ〜ンと懐かしいというのか何ともいえずいい空気。小学校のバザーを訪仏とさせる手作り品の店の数々。ステージの前に図工室のイスを並べ始めるスタッフの人。ゆるいぞ、1年1組教室。そんな中で飲むビールの罪悪感と昼間から飲むビールの優越感に包まれながら、玉城さん登場。アコギにハーモニカ、カズーの音が彼のフニャフニャな声、草食男子系雰囲気と相まって独特ないい感じをかもし出してた。ちょっと暗いんですけど、と自信なさそうにいいながら歌いだした「冬の歌」、御地蔵さん好きの私にはたまらなかった「御地蔵さん」、一緒に見てた友達のこと歌ってんのかと思って爆笑した「酔っ払い娘」、どれも個性的なリリックがおもしろい。アコースティック、フォーク系はもともと好きなのもあって、かなりいい感じで酔い、玉城さんのMCに茶々入れたりして、フェス気分が満喫できたライブだった。(鈴木知美)

IMG_6971.JPG(工藤)

とうめいロボ
とうめいロボ(工藤)

とうめいロボ(工藤)

ライブ動画


雑然とした教室。外は朝から雨が降っている。強い湿気と祭りの空気が教室に充満する中、一人の女性が、小さな教室の隅の簡素な舞台の上に立つ。軽く息を吸う、ギターの弦に手を添える、その視線は中空に向けられていている。彼女が静かに歌い始める。彼女の名前はとうめいロボ。彼女の歌は、息がつまるようなシリアスと、優しさに満ちたユーモアが渾然一体となっている。『雪』のように聴く者を打ち震わす曲も、『黒猫音頭』のように踊れる楽しい曲も、全く同じように、分離の隙間なく、その呼吸と声で歌い上げる。人で溢れかえった教室は、水を打ったように静まり返り、さっきまで不快で仕方なかった高い湿度に、懐かしい心地良ささえ覚えてしまう。教室中の人々が、目の前のとうめいロボの潤った歌声、抑揚のついた呼吸に、全てを委ねている。シンガーソングライターが歌う理由そのものが、一人の女性の身体と声を借りて、その存在を廃校の片隅に、優しく響かせているようだった。(藤本類)

アートマーケット出店者の皆さん
アートマーケット(豊田)

アートマーケット(豊田)

アートマーケット(豊田)

アートマーケット(豊田)

アートマーケット(豊田)


とうめいロボさんも出店
アートマーケット(豊田)

ゆーきゃん
ゆーきゃん(豊田)

ゆーきゃん(工藤)

ライブ動画


優れたシンガーソングライターとして活躍する傍ら、今回の廃校フェスに共通するアティテュードを持つ、関西の一大D.I.Yフェスティバル「ボロ・フェスタ」を有志と共に主催し、運営し続けてきたゆーきゃん。だからであろうか、この廃校フェスにおける彼のライブも、どこか懐かしげで、親しみと優しさに溢れた空気が充満していた。おそらくゆーきゃんにとっては、実際に舞台の上に立ち、お客の前でギターを弾いて歌を歌うことと、自身がオーガナイザーとなって、イベントを通してたくさんの音楽を作り出し、それをお客に届けることとの間に乖離が全く無いのであろう。どちらも切実で、命がけのゆーきゃんの「歌」なのだ。(藤本類)

DSC_0301.JPG(豊田)

trico!
trico!(工藤)

trico!(工藤)

にせんねんもんだいの余韻冷めやらぬまま、ウリチパン群を見るという友達と別れ、またまた1組へ戻る。trico!名前から想像できずどんな音だろうと思っていたけど、始まると納得。ウッドベースとバイオリン、アコーディオンなどいろんな弦楽器の音が合わさってヨーロピアンな空気が1組を包み、ここが一瞬新宿なのを忘れてしまうようなそんな場所に連れていってくれた。しまいにはVoのリエさんが古いトイピアノを持ち出し、シンバルを持った猿のおもちゃですら音楽のリズムに加えてしまった。日本人離れしたセンスに圧巻されつつ、英語のリリックに日本語アクセントが強いのがかえって好感が持てた日頃偏ったジャンルしか聞いてない私にとっては目からウロコだった。まだ半分も終わってない時点で、ありがとー、廃校フェス!と思うのでした。(鈴木知美)


キツネの嫁入り
キツネの嫁入り(工藤)

キツネの嫁入り(工藤)

ライブ動画


京都からやってきたキツネの嫁入りは、京都っぽいと言うと安易かもしれないが、名の通り日本の昔話を思い起こさせる独特の空気を纏い、放つバンド。アコースティックギター、アコーディオン、パーカッションをバックに絡み合う男声女声は伸びやかで美しく、踊るように体を揺らしながらの演奏は見目にも麗しい。変拍子の曲も多く、リズムがとても大事にされたパーカッシブな演奏は、日本だけでなく伝統音楽全体に通じる肉体性を感じた。かといって仰々しすぎることはなく、様々なパーカッションや時に木琴を使った楽曲は、教室の空気にカラフルな色を塗っていくような親しみやすさもあり、見ていて笑顔になれるライブだった。ぜひまた関東にライブに来てほしい。(柳川春香)

catsup
CATSUP(工藤)

CATSUP(工藤)

だんだん異国な空気が流れてきた1組に戻り、CATSUPを見る。ウッドベースとアコーディオンの2人組という構成がさっき見たtrico!と似ているけど、こちらは兄妹だけあって、息はピッタリ、絵本からそのまま出てきた楽曲に吸い込まれいつの間にか一番前の席で見ていたほど。ときに激しくアコ−ディオンを奏でる妹るつこさんに目はくぎ付けに、ブルガリアでも演奏を披露したという兄よしとさんの照れMCに暖かい雰囲気に包まれながら、一曲一曲丁寧に愛情を込めて演奏する2人が印象的だった。かちかち山みたいな雰囲気の曲から、友達に彼氏ができたときに作ったという可愛い曲まで、子供に戻って紙芝居を見てるみたいにあっという間に時間が過ぎていった。なんか今回1組のライブをたくさん見たおかげで、いろんな音楽の楽しみを再認識した気がする。(鈴木知美)

IMG_6985.JPG(工藤)

石橋英子×アチコ
石橋英子のピアノとコーラス、アチコの歌声。そこにあるのはただそれだけ。それをことさらに書き立てたり、比喩を使ってみたりしても何も伝わらない。それは、二人の音楽があまりに強いから。その強さはしかし、評論家気分の分かった風なウンチクや小難しいポーズを嗤う冷たさとは裏腹に、あらゆるものたちの音楽を強烈に愛する優しさを持つ。椅子の軋み、子どもの声、雨音、揺れる灯り、ため息…石橋英子×アチコに触発され漏れ出してしまったあらゆる音楽が、見る見る間にピアノと歌のアンサンブルに吸い込まれ、それらと共振を始めてしまう。いつまでもこの音楽を浴び続けていたいと強く願った。(藤本類)


笹倉慎介
私にとって廃校フェス最後のライブ、笹倉慎介を見にこの日もっとも入り浸った1組へ。うちは、母がフォーク大好きで、ボブディランやら吉田拓郎やらそういうのが小さい頃からうちでかかっていた。笹倉さんの楽曲を聴いたら、タイムマシンに乗ったかのようにあの頃の自分のまわりの空気や匂いを思い出した。爽やかな声に正統派フォーク、ハーモニカの音、途中笹倉さんが開けたいといって開けた窓から流れてくる雨上がりの匂いの風、全部が綺麗なハーモニーになって私の中に沁み込んでくる。かなり好きだーこういう曲!こういう雰囲気!と興奮し、もらったフライヤーを見ると、なんとうちの近所在住らしい。これは是非母と一緒に行かねば!なんでも笹倉さんは当時の雰囲気を求め米軍ハウスに移り住んで生活をしてるらしい。自分の一番好きなことをし、好きな場所で生活する、当たり前だけど実際一番難しいそんなライフスタイルが笹倉さんの楽曲にすべて出ている気がした。(鈴木知美)

写真 / 豊田元洋、工藤あずさ
posted by 廃校フェス実行委員会 at 12:00 | TrackBack(0) | 1-1

2009年04月14日

石橋英子×アチコ

石橋英子×アチコ
石橋英子(Piano), アチコ(Vo)
08年にセカンド・アルバム「Drifting Devil」を発表、ソロ・アーティストとしての活動も俄然注目を集める石橋英子と、KAREN(ART-SCHOOL+downy)のボーカルとして圧倒的な存在感と表現力を放つアチコによる弾き語りデュオ。石橋英子の独特の音と世界観がアチコの持つ歌唱力/表現力と融合する事によって全く新しい“歌もの”として、ジャンル不明のジャンル を確立。日常と非日常の狭間、光と闇等をテーマとした歌詞は一貫したストーリー性を持ち、聴き手をグングン引き込んでいくスピード感に満ち溢れている。07年に1stアルバム「ロラ&ソーダ」を発表、08年に2ndアルバム「サマードレス」を発表、定期的にワンマンライブも行っている。

最新作『サマードレス』
最新作『サマードレス』
posted by 廃校フェス実行委員会 at 01:14 | TrackBack(0) | 1-1

笹倉慎介

笹倉慎介
シンガーソングライター。
17歳の時、Neil Youngなどから影響を受け、ギターで歌いはじめる。60~70年代のミュージシャンたちに憧れ、当時の空気感を求め入間市の米軍ハウスに移り住み、スタジオを構えレコーディングや作曲活動を行っている。

自らレコーディングしたデモ音源が鈴木惣一朗の耳に留まり、プロデュースワークが実現。デビューアルバム「Rocking Chair Girl」が昨年5月にリリースされた。
都内でのライブ活動は、毎月下北沢のleteで弾き語りをしているほか、今年に入ってからは伊賀航(b)佐藤克彦(g)梅田順一(d)をサポートメンバーに迎え、バンドでの活動も始まっている。廃校フェスへはバンドでの参加。

笹倉慎介オフィシャルサイト
HP http://www.sasakurashinsuke.com
笹倉慎介MySpace
my space http://www.myspace.com/1002302877

最新作『Rocking Chair Girl』
最新作『Rocking Chair Girl』
posted by 廃校フェス実行委員会 at 01:12 | TrackBack(0) | 1-1