2009年06月23日

G-2教室:ライブレビュー

百景-Hyakkei-
百景(豊田)

百景(豊田)

ライブ動画


いわゆるインストポストロックに含まれるだろう百景だが、それにしても質感が違うように感じた。「音で景色を描く」というのは決して珍しい表現ではないけれど、彼らが描くのはいわゆるポストロックからイメージする幻想的な海だとか壮大な星空とかそういうのではなく、昔読んでもらった絵本の世界とか、帰り道でふと涙してしまった街灯とか、干したあとの布団のあたたかさとか、そういうすぐそばにある慈しむべき瞬間。ベース、ギター、シンプルなドラムセットで、音を合わせることを純粋に楽しむ姿は、まるでこの教室を音楽室であるかのように感じさせた。決して派手さはないけれど、演奏もMCも含めて会場をじんわりと温める、とてもきもちのいいライブだった。(柳川春香)

DSC_0135.JPG(豊田)

miaou
アコースティック/エレキギター、ベース、シンセ、ドラム、鉄琴、サンプラーなどを用いて澄んだエレクトロニカを響かせるmiaou。ライブを初めて見て、まずその演奏力に驚かされた。凛とした表情で、一切の隙も、余剰もなく、ぴたりぴたりとはめ込むようなアンサンブルは、音源から想像する何倍も生々しくかつ圧倒的で、見ているだけで興奮する。クラシック音楽のように精巧につくられてはいるが、何かを表現するというよりは、音の世界に巻き込まれていく感覚。かといって聴き手に緊張感を与えすぎることもなく、美しい絹糸であまれた頑丈な繭の様に、身を任せてしまう。いつまででも見ていたくなる、確固たる世界を築き上げていた。感服。(柳川春香)


sugar plant
sugar plant(インプ)

sugar plant

ライブ動画


「座っても、寝ても!」というショウヤマチナツ(Vo.Ba)のビールを飲みながらのMCに象徴されるように、薄暗く天井の高い教室の中ではお客さんたちが思い思いに肩の力を抜いてsugar plantの音に身を任せていた。ギターの心地よいフレーズの繰り返しと、VJが後ろに映し出した水たまりにあふれる光の映像が裸足で波打ち際を歩くような清涼な気分を運んできて、なかには10分ほどある長い曲も。外はうっとおしい雨だったが、このときばかりは爽やかな風が吹いたのだった。(小田部明子)

cryv
cryv

cryv

ライブ動画


音と、映像、そしてそれらが総合して立ち上がる何か。森下進吾・真咲兄弟に、さらに複数の楽器の位相が重なり、それらが総合して出来上がる何か。映像に加えてツインギター&ツインシンセなど、さまざまな要素がそこには並列されているようにも思える。しかし! cryvの根幹を支えているのは、もっと直線的で肉感的なものなのだ。大雨のこの日、くしくもスクリーンプロセスで示された梢越しのまぶしい空のように、そしてそれがオープンカーから見上げたような美しい光だったように、cryvはまっすぐなのである。移動しようが木々が移り行こうが変わらない。「ギター弾くなら、デカイ音のほうがイイじゃん」と言わんばかりに爆音でギャンギャンかき鳴らす進吾さんを見ていると、プロジェクターの人為的な明るさ以上の、希望の光のようなものが見えてくるから不思議である。(山崎雄太)

nhhmbase



メンバー交代からそう時間も経っていないことがその原因となりえたかどうかは定かではないが、数多くの出演者を誇る廃校フェスのなかでもG−2会場nhhmbaseは、本フェス最高人口密度を記録したのではないかと思わせるほどの大入りで、演奏前から蒸し暑く、字義どおり熱気に充ち満ちていたが、ところで、昨今マモルさんのソロプロジェクトの色合いが強まった云々と言われはするものの、「マモルさんらしさ」などというものをとてもではないが把握しきれない追いきれない僕らは、とりあえず奏でられ続ける轟音にこの身を浸して、変拍子に振り落とされないよう注意しながら、信じてついて行くことに決めました。(山崎雄太)

henrytennis
henrytennis

henrytennis

ライブ動画


「お客さん、なるべく立ってもらっていいですか?」という言葉が投げかけられライブがスタートするもベースの音が出ていないというトラブルに見舞われ、演奏が中断した。そしてなぜか中断中に「最近はまっているのはアライグマです」ということを告げられる。ほぼ満員状態となっていたG-2教室では、仕切りなおしの1曲目から緩急のついたドラマチックかつシリアスな曲の連続におのおのがじっと聞き入り、複雑に入り組んだhenrytennisを目撃することになったのである。(小田部明子)


9dw(nine days wonder)
9dw

9dw

ライブ動画


G-2教室の最後の出演者9dw(ナインデイズワンダー)。 9dwの音楽を聴くために集まってきた人の多くは床に座り、始まりを待っていた。会場の雰囲気はというと、音を楽しんでリズムを体でとっているという人はあまり多くなく、一つ一つの音を丁寧に受け止めようと曲に真剣に聴き入っている人が多かったようだ。ライブパフォーマンスは淡々としたものであり、楽曲第一、演奏第一の丁寧な姿勢が【ロックフェス=そのバンドを知らずとも雰囲気で盛り上がれる、楽しめる】ことを期待する一見のお客さんには敷居の高いものだったかもしれない。この毅然としたバンドは廃校フェスだろうがアメリカだろうが決してだれの機嫌もとることなく演奏し続けているのだろうと推察される。(小田部明子)

(写真 / 豊田元洋、インフ、他はDAXから)
posted by 廃校フェス実行委員会 at 07:00 | TrackBack(0) | G-2

2009年05月02日

miaou

miaou
1999年に神奈川にて浜崎、長谷川姉妹により結成。
toeの美濃氏をエンジニアに迎え制作された2枚のアルバムにより注目を集める。その後、2008年7月に待望の3rdアルバム『all around us』をリリース。また海外シーンとの交流も積極的でコンピレーション・アルバムへの参加や、自らバンドの招聘なども行っている。その独自のメロディセンスと憂いを帯びたサウンドは、国内外問わずインストゥルメンタル・シーンにおいても高い評価を得ている。

miaouオフィシャルサイト
http://www.miaoumusic.com/

-----------------------------------------------
廃校フェス2009でのライブ写真
----------------------------------------------
posted by 廃校フェス実行委員会 at 21:11 | TrackBack(0) | G-2

sugar plant

sugar plant
1993年オガワシンイチとショウヤマチナツにより結成。国内外でこれまでにアルム6枚をリリース。国内のみならず、3度のアメリカツアーを成功させる。共演はYo La Tengo、Silver Apples、Low、Damon & Naomi、Windy & Carl、Mojave3、Shellacなどなど・・
窪塚洋介主演/松本大洋原作映画『ピンポン』のサントラに "rise"(アルバム「happy」収録)が使われている。
その後、オガワはDJ、チナツはソロ弾き語りユニット cinnabom [ちなぼん]として活動。4年半にわたるそれぞれの充電期間をへて昨年夏、再始動!


-----------------------------------------------
廃校フェス2009でのライブ写真と動画
----------------------------------------------
posted by 廃校フェス実行委員会 at 21:10 | TrackBack(0) | G-2