2009年06月23日

S-1A教室:ライブレビュー

設営準備の光景から
設営準備の光景から(鈴木)

設営準備の光景から(鈴木)

設営準備の光景から(鈴木)

開場です。
開場です。(上山)

開場です。(上山)

開場です。(上山)

まずはちんどんで客寄せ
まずはちんどんで客寄せ(上山)

まずはちんどんで客寄せ(上山)

まずはちんどんで客寄せ(上山)

声のワークショップ
声のワークショップ(鈴木)

声のワークショップ(上山)

学習椅子のジャングルジム
学習椅子のジャングルジム(鈴木)

学習椅子のジャングルジム(上山)

まくらとジョーロ
まくらとジョーロ(鈴木)

幻奏会
幻奏会(上山)

幻奏会(鈴木)

幻奏会(鈴木)

会場の隅に位置するS1-A教室。訪れたときにはもう演奏が始まっていたのだが、一瞬で別世界に入り込んでしまった。この教室のほとんどの出演者が合体してのオーケストラ、幻奏会。バイオリン、ガットギター、マンドリン、パーカッション、ドラムといった総勢11名による様々な楽器演奏に加え、愛らしくも無表情な少女三人による抽象的なダンス。それらが生み出す空間は、儀式を見ているような崇高さを放っていた。それぞれが呼吸をする、生き物のような演奏、深く地を揺るがすような歌唱は、生きることと音楽が密接に結びついていたころを思わせる、実に肉体的なもの。何度も鳥肌が立ち、この教室だけが明らかに異世界だった。余韻も含め、本当に素晴らしかった。(柳川春香)

もび(子供ワークショップ)
もび(鈴木)

もび(鈴木)

メガネズ
メガネズ(上山)

メガネズ(上山)

あだち麗三郎
あだち麗三郎(上山)

あだち麗三郎(上山)

マルチプレイヤーとして何度かステージに登場した彼、ソロではギターを持っての弾き語りに、ギターやドラムを適宜加えての演奏(この教室では皆が家族のように奏者が加わっていくのだ)。表情は一段とリラックスして、お客さんにもゆるやかに楽しむことを人懐こい笑顔で促す。どの曲もスローテンポで、日が傾き始めた時間帯、ゆっくりと吹き抜ける風のうた。語りにも近い表情豊かな歌を、囲む奏者も共に呼吸をするように支える。最後に披露した「あの日あの夏」は、懐かしくて温かい思い出にトリップさせる、じんわりと染み込む優しさのような曲。人肌のぬくもりを音に還元したよなステージだった。(柳川春香)

あだち麗三郎(上山)

あだち麗三郎(鈴木)

表現(hyogen)
表現(鈴木)

ドラム、バイオリン・ボーカル、ベース、ギターからなる4人組"表現"に、アコーディオンとチェロ、サックスにはあだち麗三郎が参加したステージ。各メンバーの演奏は幻奏会で一度見ているものの、その衝撃は全く色あせない。楽曲はプリミティブな要素が強く、おどろおどろしさまでもを感じさせる雄たけびのようなボーカル、技巧的でありながらダイナミックな奏者、それぞれが「演奏すること」を深く身体と結び付けていることを感じさせ、まさに「表現」という名を冠するに相応しく感じた。橙色の灯りが映える夕暮れの教室で、音楽の強さを体感し、圧倒されたすばらしいライブに、自然と大きな拍手が送られていた。(柳川春香)

即興ダンスバトル
即興ダンスバトル(上山)

ちんどん
ちんどん(上山)

もび(パフォーマンス)
もび(鈴木)

もび(上山)

もび(鈴木)

写真 / 上山陽介、鈴木竜一朗
posted by 廃校フェス実行委員会 at 06:00 | TrackBack(0) | S-1A
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/113110108

この記事へのトラックバック