2009年06月23日

締めの挨拶

R0014105.JPG
2年連続で雨を降らせた雨男主催者、竹内です。

フェス当日からもう1ヶ月半経ちましたが、なんだか昨日のことのようでもあり、遠い昔のようのことでもあります。

フェス当日は、「24」ばりに同時多発で起きる事に分刻みで対応しているうちに、あっという間に8時間が過ぎてしまい、ライブやフェスの雰囲気を楽しむ余裕がないまま終わってしまいました。口にしたものはアップルパイ1個だけ。それでも差し入れのRED BULLとSカップでなんとか乗り切りました。差し入れありがとう!帰りは疲労困憊で雨の中バイクで帰りました。よかった事故しなくて。

しかし、フェス当日を撮った写真やスペシャ「DAX」での映像に写っているのは、「あー自分もお客さんとなって参加したかったー」と思うぐらい、楽しそうな光景です。なんかどの部屋も楽しそうだねー。お客さんも笑顔だねー。

主催者の僕がそう思ったんだから、このフェスはたぶん大成功だったんだと思います。いや、どことは言わないけど、働いているスタッフが全然楽しそうじゃないフェスってあるじゃないですか。それに比べて廃校フェスはスタッフがまず一番楽しそうだ!そしてお客さんも楽しそうだ!

自画自賛を言いたい放題に言わせてもらっていますが、あの日あの場所はきっとヒストリーになります。あの場に居た人は誇ってください。来なかった人は写真見て、次は必ず行くぞと誓ってください。

さて、4年前に巣鴨にある廃校でふと思いついた「廃校でロックフェスをやる」というアイデアは、この2回目の廃校フェスで、その理想図を全部やりきりました。ありがとうございました。次からはこの「思いつきを具現化する」から一歩踏み出したものを提示したいと思います。何をするかはお楽しみに。といっても次もやれるかどうかはまだ判ってないんですが。

STAFF日記はこれにて終了です。まだこのサイトのフォトレポートは完成してないんで、これからもちょくちょく更新しますが、一旦完成したら、次回開催告知までお休みします。いつになるか判らないで、見逃さないよう、時々チェックしに来てください。そしてまた会いましょう。なんたらイベンターやスタッフとして参加してください。

じゃあ、また学校で。ばいばい。


廃校フェス主催
blunstone inc.代表
竹内知司
posted by 廃校フェス実行委員会 at 00:55 | TrackBack(0) | STAFF日記
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/113110104

この記事へのトラックバック