2009年03月13日

Rocket or Chiritori

Rocket or Chiritori

Rocket or Chiritoriとは柴原聡子のソロユニット。1997年に雑誌「米国音楽」の付録のコンピレーションCDに収録された曲が、当時「渋谷系」と呼ばれたアーティスト達から賞賛を浴び、そのまま「米国音楽」のレーベルCardinal Recordsからデビュー。ラジカセのピンポン録音で録られたヘタウマでポップなサウンドが、各誌で取り上げられBECKを引き合いに出される程の賞賛を浴びる。2枚のミニアルバム『Tokyo Young Winner』『Love Eyes』は、渋谷系ブームの後期にさしかかっていた渋谷界隈で売れに売れ、その話題は海外にまで及び、New Yorkなどのインディーレコード屋には輸入盤が置かれ、いくつかのコンピレーション盤にも収録。San Franciscoのレーベル、Paris Caramelからは7インチ盤もリリースされた。

しかし、デビューから数ヶ月後に大学受験のために活動を休止すると、大学入学後も2回のライブをした以外は、公に活動を再開することはないまま、以来11年間シーンから遠ざかっていた。

が、2008年の秋にMySpaceに新曲(2004年作)を人知れず公開し、活動再開を宣言。そし遂に「廃校フェス2009」にて、久しぶりのライブを行なうこととなった。ライブは2000年にSan Franciscoで行なわれたライブ以来、9年振りで、国内では1999年に下北沢でしたライブ以来、10年振りとなる。伝説を目撃できる日が遂にやってくる!

Rocket or Chiritori MySpace
http://www.myspace.com/rocketorchiritori

-----------------------------------------------
廃校フェス2009でのライブ写真と動画
-----------------------------------------------
posted by 廃校フェス実行委員会 at 01:37 | TrackBack(0) | 体育館
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/113109918

この記事へのトラックバック